杉並区 債務整理 法律事務所

借金・債務の相談を杉並区に住んでいる方がするならここ!

お金や借金の悩み

杉並区で債務・借金などの悩みを相談する場合、どこがいいのか決められないでいませんか?
どうせ相談するのであれば、優秀な司法書士や弁護士がいる法務事務所・法律事務所にしたいですよね。
このサイトでは、インターネットで無料相談できる、お勧めの法務事務所や法律事務所を紹介しています。
杉並区に対応していますし、相談は無料なので安心です。
直接相談をいきなりするのはちょっと気後れする、と思っている人にもオススメです。
借金返済・債務で困ってるなら、まずは司法書士や弁護士に相談して、解決への道を探しましょう!

杉並区に住んでいる方が借金や債務整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

杉並区の債務や借金返済解決の相談なら、こちらがおすすめ。
弁護士対応で、全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円だから、現在の手持ちがなくても安心です。
弁護士費用の支払は、分割払いの対応も可能です。
相談料はもちろん0円!
借金の督促をSTOPするのも可能です。
過払い金、個人再生、自己破産、任意整理、など、借金に関して無料で相談できます。。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(通話料金0円)で相談受付することができるので、借金返済で悩んでいる人も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、債務・借金の問題が相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分にピッタリのやり方で、どうにもならない借金問題を解決していきます。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、取り戻せた過払い金から支払を清算できます。
任意整理においても、和解成功報酬・減額報酬などを一切取らないため、安く解決が可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の人も安心して相談できることでしょう。
まずは無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

杉並区に住んでいる方が債務整理・借金の相談をするならまず、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、ネットを使った借金の診断ツール。
簡単な質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、毎月返済する金額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな人にもピッタリです。
しかも匿名&無料で利用できます☆
全国対応のサービスなので、杉並区に住んでいる人も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減額する方法が分かる!
  • 毎月の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名・無料で使える!
  • 全国に対応!
借金・債務の悩み、無料&匿名で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談・診断を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



杉並区周辺の他の司法書士・弁護士の事務所を紹介

杉並区には他にも弁護士や司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●久我山司法書士事務所
東京都杉並区久我山4丁目2-29 リベスト久我山ビル301
03-6427-8831
http://kugayama.biz

●司法書士けやき総合法務事務所
東京都杉並区阿佐谷南3丁目1-33
03-5347-3801
http://keyaki-legal.com

●阿佐ヶ谷南司法書士行政書士事務所
東京都杉並区成田東5丁目39-11
03-6765-0004
http://asagayaminami.jp

●小関司法書士事務所
東京都杉並区梅里2丁目40-18 第3志村ビル203
03-5913-7452
http://koseki-shiho.com

●阿部司法書士事務所
東京都杉並区阿佐谷北2丁目15-18 第一横川ビル阿佐谷女子ハイツ 2F
03-5373-5313
http://abe-shoshi.com

●司法書士・行政書士 小室事務所
東京都杉並区阿佐谷南3丁目1-22 ハイツ山幸1階
03-5347-4702
http://komuro-office.jp

●サン合同事務所方南町(司法書士法人)
東京都杉並区方南2丁目12-14
03-3311-7087

●平田祐子司法書士事務所
東京都杉並区天沼3丁目7-3
03-5347-4861
http://shiho-tlc.com

●司法書士新井法務事務所
東京都杉並区高円寺北4丁目30-11
03-6676-3740
http://arai-legaloffice.com

●鎌田司法書士事務所 ライトコード
東京都杉並区荻窪5丁目17-11
03-6915-1276
http://kamata-rightchord.jp

地元杉並区の弁護士・司法書士の事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ただ、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気後れせずに相談できるのではないでしょうか。

杉並区に住んでいて借金問題に参っている状況

キャッシング会社やクレジットカードのリボ払いなどは、非常に高額な金利がつきます。
15%〜20%もの金利を払わなければならないのです。
住宅ローンの金利は年間0.6%〜4%ぐらい、マイカーローンも年間1.2%〜5%ぐらいなので、すごい差です。
さらに、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに金利を設定するようなキャッシング業者だと、金利がなんと0.29などの高い利子をとっていることもあります。
ものすごく高額な金利を払いながら、借金は膨らむばかり。
借金をしたのは自分の責任なので仕方ありませんが、額が大きくて金利も高利という状況では、完済は辛いものでしょう。
どう返せばいいのか、もう思いつかないのなら、法律事務所や法務事務所に相談するしかありません。
司法書士や弁護士なら、借金返済の解決策をきっと見つけてくれるでしょう。
長期の返済計画かもしれませんし、過払い金の返還で返す額が減額するかもしれません。
まず相談する、これが解決のための始めの一歩です。

杉並区/債務整理を依頼するのはやっぱり弁護士?|債務整理

債務整理とは、借金の返金ができなくなった時に借金を整理してトラブルの解決を図る法律的な進め方なのです。債務整理には、任意整理・自己破産・民事再生・過払い金の4つの方法があります。
任意整理は、裁判所を通さずに債務者・債権者が直接話合いをし、利息や毎月の返済額を少なくする方法です。これは、出資法、利息制限法の2種類の法律上の上限利息が違ってる事から、大幅に減額出来る訳です。交渉は、個人でも行う事が出来ますが、通常、弁護士の先生に依頼します。人生に通じている弁護士の先生ならばお願いしたその時点で悩みから逃れられると言っても言過ぎではないでしょう。
民事再生は、今の状況を裁判所に認めてもらい、住宅ローン以外の借金を大幅に減額してもらうシステムです。この場合も弁護士の方に相談したら申立まですることができるから、債務者の負担は減少するのです。
自己破産は、任意整理また民事再生でも返せない高額の借金がある時に、地方裁判所に申立てて借金を無しにしてもらうシステムです。この時も弁護士さんに相談すれば、手続きも円滑に進むから間違いがないでしょう。
過払い金は、本来であれば支払う必要がないのに消費者金融に払いすぎたお金の事で、司法書士、弁護士に頼むのが普通でしょう。
こうして、債務整理は貴方に適合したやり方を選択すれば、借金のことばかり気にしていた日常から逃れられ、人生の再スタートをきることができます。弁護士事務所によっては、借金または債務整理に関して無料相談を受付けてるところもありますから、一度、問い合わせてみてはどうでしょうか。

杉並区|自己破産にはどんなリスクがあるの?/債務整理

率直に言って世間一般で言われているほど自己破産のリスクはそんなに多くないのです。マイホーム、高価な車、土地など高価な物件は処分されるが、生活するなかで必要な物は処分されません。
又二〇万円以下の貯金も持っていても大丈夫なのです。それと当面の間の数ケ月分の生活費用百万未満なら取り上げられることは無いです。
官報に破産者のリストとして記載されるのですがこれもごくわずかな方しか目にしません。
また世に言うブラック・リストに記載されてしまって7年間程の間はローン又はキャッシングが使用出来なくなるでしょうが、これは致し方ないことです。
あと決められた職種に就職出来ないと言う事もあるでしょう。けれどこれもごくわずかな限られた範囲の職種です。
したがいまして債務超過で返済する事のできない借金を抱えこんでるのならば自己破産をするのも1つの手です。自己破産を進めたら今までの借金が全部帳消しになり、新たな人生を始められるということで利点の方が多いと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として税理士や弁護士や公認会計士や司法書士等の資格は停止されるのです。私法上の資格制限とし遺言執行者、後見人、保証人にもなれません。又会社の取締役等にもなれません。けれどもこれらのリスクはさほど関係無い場合が多いのではないでしょうか。リスクはあんまり大きな物ではないはずです。

関連ページ